自分を見つめ直してみよう

ニートからの脱出するための具体例は、まずはありのままを受け入れることになります。ニートの人の特徴として、目標が高すぎるということが挙げられます。自分は選ばれた人間で自分はすごいんだなどと、根本的に思っている人が多くいるのです。そのため、特別扱いされて当然だと自分の存在を位置付けているのです。そのため、生活能力がなく、自分の世話をしてくれる人に依存しているという状態に気付くことができないのです。自分は選ばれた人間なので、面倒くさいことは他人がやるべきと考えがちなのです。そのため、努力をすることがないのです。世話をしてくれる人がいるうちは、それでいいでしょう。ただ、その生活も長く続くわけではないですよね。いつか終わりが来るでしょう。そのため、ありのままを受け入れるということが大切になってきます。そうすることにより、自分は選ばれた人間ではないや自分はすごくないということを認めてあげることができるようになります。そうすると、特別扱いされて当然だと思うような傲慢さもなくなっていくでしょう。そして、高すぎる目標を設定して、自分で自分の首を絞めるようなこともなくなるでしょう。そうなってくると、自分の世話をしてくれる人に対して、きっちりと感謝することができるようになります。そうなってくると、少しづつ努力ができるようになります。するといつの間にか、ニートからの脱出することができているでしょう。まずは、自分に対する歪んだ評価を見つめなおすことから始めると、いいのではないでしょうか。そのためには、どんな仕事でもいいのでまずは働いてみませんか?最初は2~3時間程度の短時間勤務や期間限定のアルバイトから始めるといいでしょう。他のスタッフや上司と関わることで、自分を客観的に見つめ直すことができるでしょう。